小児歯科

葵デンタルデザインオフィスの小児歯科

子どもの健康な歯は、
お父さんとお母さんが守る!

子どもの歯は、生え変わるのだからと放っておかないでください。
乳歯は顎の発育や顔の形成に大切な役割があり、また、正しい発音を覚えるためにも重要です。
何より永久歯を正しい位置に誘導する役割も担っています。
子どものむし歯は進行が早く、悪化させると乳歯の役割を果たせなくなります。
お子様の歯を守るためにもお父さんお母さんの意識が重要です。

正しい歯みがき

・間違った歯磨きをしてないか見抜き教えてあげる。
1日3回食後に磨く習慣を。

・睡眠中は唾液量が減るため細菌が増えやすい
寝る前はしっかり磨く。

食生活で気を付けるべき点

・歯を溶かす酸性度の高い飲み物の過剰摂取に注意。
(清涼飲料水、果汁100%のオレンジジュース、炭酸飲料など)

・バランスの良い食生活が大切。丈夫な歯を作るためにカルシウムは良質のタンパク質と一緒に食べてください。特に永久歯がつくられる時期は十分なカルシウムを摂取が必要です。

定期検診

「痛くなったら歯医者さんへ」という考え方は捨ててください。痛くなる前に対処すれば、削られる痛さや怖さ、治療費も抑えられます。
歯磨きや食生活の見直し、唾液の状態や噛み合わせなどの検査を定期的に受けましょう。 患者さんの意識向上と、口内環境の定期検診が予防や早期発見につながります。

歯列矯正

歯並びが悪いと…

  • ・むし歯・歯周病の原因
  • ・発音が悪くなる
  • ・咀嚼に影響するため、消化機能へ負担
  • ・健康に悪影響
  • ・運動能力の低下

矯正治療は乳歯から永久歯に生え変わる10歳前後のお子様に向いているといわれますが、
歯の状態には個人差があるため、治療時期は様々です。
定期検診を受けていると始める時期も知ることができます。

当医院では、お子様の成長に合わせ、むし歯治療はもちろん、予防の観点からも正しい知識やブラッシング指導などで、お口の中を清潔に保つお手伝いをしています。お忙しいご両親に変わり、定期的な歯ブラシ指導・チェック、お口のケアをすることで、むし歯や歯周病因子を取り除くことができます。
また、子どもの歯はエナメル質が弱く酸化しやすいためむし歯に成るリスクが高いため、歯を少しでも強くするためフッ素を塗布したり、シーラント(プラスチックの一種)で奥歯の噛み合わせ面の溝を詰め、食べ物のカスや菌が着かないようにする治療を行うことも可能です。お子様の歯の事、何でもご相談ください。

院内写真