顎関節症

顎関節症の治療

20〜30代女性に多い症状、最近では男性にも

顎関節症とは、顎の関節が何らかの原因で痛くなる症状です。
肩こり、めまい、耳鳴り、頭痛、不眠症などの症状になる場合もありますが
放置しても自然に改善する場合もあります。しかし悪化すると自律神経失調症やうつ病に発展するケースもあります。

当院の代表的な症例

・顎が鳴る(顎関節音)
・顎が痛い(顎関節痛)・口が開けづらい(開咬障害)

顎関節症による他の症状

・頭痛、首や肩、背中の痛み、腰痛、肩こりなど全身に及ぶ痛み
・耳の痛み、耳鳴り、難聴、めまい、目の疲れ、歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常など

原因

・悪い咬み合わせ  ・歯ぎしり  ・ストレス  ・偏咀嚼(片方の顎に偏った食事習慣)  ・顎や筋肉に負担をかける癖や習慣
上記に心あたりのある方は、ご来院ください。

一般的な治療例

一般的な治療法として、運動療法、薬物療法、スプリント療法(顎関節症用マウスピース)、マニピュレーション法、外科手術などがあります。

運動療法

筋肉の緊張緩和のために、マッサージや口を大きく開ける訓練などを行います。睡眠時の姿勢や歯軋り、食べる時の注意など生活指導なども行います。

薬物療法

痛みがある場合は、筋緊張の緩和や痛みを取るために痛み止めの薬を処方します。副作用や依存性があるため常用を避ける必要があります。

スプリント療法(顎関節症用マウスピース)

スプリントは患者さんの歯型に合わせたプラスチック製のマウスピースを作成し装着することで改善していく療法です。
咬む力を均等に負担して顎関節や筋肉に偏った力がかかるのを防ぎ症状を改善していきます。症状によって様々な種類がありますので、1度お気軽にご相談ください。

マニピュレーション法

顎関節にある関節円盤を正常な位置に戻すことです。

外科手術

どの方法でも改善されず、極稀に外科手術が必要な患者さんがいます。

葵デンタルデザインオフィスでは、症状の原因を探すため、カウンセリングや綿密な検査をおこない、患者さんに治療方法を説明します。顎関節症の原因は個人差が大きく原因も様々なため検査とカウンセリングが欠かせません。軽い症状の場合は、運動療法などの筋肉の緊張をほぐしたり、生活改善することで治るケースが多いため、早めの治療が効果的です。
特に慢性化させないことが大切です。また極稀なケースとして、外科手術を必要とする場合もありますが、その際にも当院では外科手術を行える環境を整えておりますので、安心して受けていただくことができます。
お口の開閉時に違和感を感じる方、ご来院ください。

院内写真